My Pickup - 自分のための備忘録なので見ないでね!

My Pickup


by hadmin

Leicaのエキスパートも驚いた「HUAWEI P10 Plus」

…配信元を読む

エキスパートも驚くクオリティです。

ファーウェイ(HUAWEI)から新しいスマートフォン「HUAWEI P10」シリーズが発表されました。中でも最上位機種の「HUAWEI P10 Plus」は、「HUAWEI P9」から続くLeicaとの共同開発によるカメラのクオリティも一段とアップしているとのこと。これは期待せずにはいられません。

Leicaのエキスパートも驚いた「SUMMILUX-H」レンズ搭載スマホ「HUAWEI P10 Plus」 2
Photo: 小原啓樹

「HUAWEI P10 Plus」にはLeicaとの共同開発レンズの中でも「プロ版」と位置付けられたF1.8のダブルレンズ「SUMMILUX-H」が搭載されています。従来のモデルにも「SUMMARIT-H」レンズを搭載し、ハイクオリティなカメラが高く評価されてきたファーウェイのスマホですが、「SUMMILUX(ズミルックス)」とか「SUMMARIT(ズマリット)」ってどういう意味があるか知っていますか?

これ、意外と知らない人も多いのではないかと思い、今回、Leicaのエキスパートに解説をお願いしました!

Leicaのエキスパートも驚いた「SUMMILUX-H」レンズ搭載スマホ「HUAWEI P10 Plus」 3
Photo: 小原啓樹

ご協力いただいたのは、東京・代々木上原にあるビンテージカメラショップ「Doppietta-Tokyo(ドッピエッタトーキョー)」の萩田岬さん。こちらのお店は「Leicaを気軽に楽しんでほしい」というコンセプトのもとLeicaを中心に扱っており、萩田さんは日々LAICAのカメラやレンズに触れている、まさにエキスパートです。

今回、萩田さんには「HUAWEI P10 Plus」も触っていただきました。Leicaのエキスパートの目に同機はどう映ったのか? そのあたりも併せてお話を聞きました。

なるほどLeicaレンズの名前にはそういう意味があったのか

── 本日はよろしくお願いします。早速なのですが、Leicaのレンズに冠されている「SUMMILUX」とか「SUMMARIT」ってどういう意味があるのですか?

Leicaのエキスパートも驚いた「SUMMILUX-H」レンズ搭載スマホ「HUAWEI P10 Plus」 4
Photo: 小原啓樹

萩田さん:Leicaのレンズには、名前の由来がしっかりあるものと、よく分からないものがあるのですが、「SUMMILUX」や「SUMMARIT」また「SUMMICRON」の3つは「SUMM」という文字が共通しています。これはラテン語の「SUMMA=最高のもの」が由来になっています。

── つまり「最高シリーズ」。

萩田さん:そうですね。それぞれレンズの明るさを示すF値ごとにネーミングされていて、一番明るいのがF1.4の「SUMMILUX」です。「LUX」はラテン語で「光」。少ない光でも明るく写せるようにガラスの加工などに手間がかかっており「SUMM」シリーズの中では最も高価です。続いてF値に幅はありますがF1.5からある「SUMMARIT」、F2の「SUMMICRON」となります。

── なるほど〜。明るさでいうと「SUMMILUX」がLeicaの中で最高なのですか?

萩田さん:実はもう1つ上に「NOCTILUX」というモデルがあって、最も明るいものはF0.95。人間の目よりも明るい。「NOCTI」はラテン語で「夜の」。それの「LUX=光」ですから、夜でも明るく撮れるという意味になるでしょうか。(新品で)1本100万円以上しますよ。

── 100万円ですか! しばらくは憧れるだけに留めておこうと思います…。

エキスパートの目にHUAWEI P10 Plusはどう映ったか

Leicaのエキスパートも驚いた「SUMMILUX-H」レンズ搭載スマホ「HUAWEI P10 Plus」 5
Photo: 小原啓樹

── 今回、萩田さんには「プロ仕様」のダブルレンズ「SUMMILUX-H」が搭載された「HUAWEI P10 Plus」を触っていただきました。Leicaレンズの中では上から2番目に明るいレンズの名前が冠されていますが、撮ってみていかがでしたか?

萩田さん:いやもう、写りがよくてびっくりしました。特に「ポートレートモード」による人物撮影がすごくよかったです。

Leicaのエキスパートも驚いた「SUMMILUX-H」レンズ搭載スマホ「HUAWEI P10 Plus」 6
Photo: 萩田岬

難しい設定などせず「ポートレートモード」を選ぶだけでこの仕上がりです。だれでも気軽に一眼で撮ったように背景ボケの効いた写真が撮れるのは魅力的だと思いました。いろんな人を撮って、その場で見せたのですが、みんな驚いていましたよ。

 

 

…続きは元サイトよりご覧ください!





コメントを残す