My Pickup - 自分のための備忘録なので見ないでね!

My Pickup


by hadmin

ショーンKが犯した8つの詐称。高卒でテレビや世間をダマせるレベルのコメンテーターをやっていたことに驚き!

…配信元を読む

経営コンサルタントを本業(自称)にテレビ番組のコメンテーターを務めていた自称ショーン・マクアードル川上氏(47)に学歴詐称疑惑が浮上し、本人が「誤りがあった」と認めた件について、続々と追加の嘘が見つかっている。

一体何が嘘で何が本当だったのか。netgeekでは錯綜する情報をまとめ、真実を分かりやすく8つにまとめる試みを行った。

shonkawakami (5)

1.テンプル大学卒→日本の高卒

2.ハーバード大学院(MBA)卒→オープン授業を3日受けただけ

3.パリ大学留学→オープンキャンパスに行っただけ

4.経営コンサルタント→実態のないペーパーカンパニー

※ただし、ショーンKは自身のHPにて経営コンサルタント事業は下請けという形でやっていたのでクライアントからの証言は得られないが本当に仕事はしていたと主張している。

5.米国人親から生まれたハーフ→純粋な日本人

6.ショーン・マクアドル川上→川上伸一郎

7.世界7ヶ所にコンサル会社→実態なし。具体的に語れる実績もなし。渋谷にあるオフィスは月3万円のレンタルオフィスと判明

8.共同経営者にジョン・G。マクガバン氏→無関係な人物の写真を無断使用していた。

▼ショーンKの会社のHPに載っていたコンサルタントの人物「ジョン・G・マクガバン」氏。

shonkawakami (6)

▼写真をもとに調べたところ、Northern Illinois Universityに籍をおいている教授であり、名前はGary J. Skoien氏ということが判明。ただの無関係な人物の写真の無断使用だった。

shonkawakami (5) (1)

ここまで嘘をつきまくって周囲を騙していたのだから驚きだ。学歴詐称が発覚した有名人は数多くいるものの、ショーンKこと川上伸一郎氏の場合は嘘の度合いが過ぎている。自分はすごいと思い込んでいるうちに妄想を現実と思い込んでしまうタイプなのだろうか。

※昔、熊本で同級生だった人物は当時の川上氏のあだ名が「ホラッチョ川上」だったと語っている。ホラッチョというのはホラ吹きを意味する言葉だ。

ここで改めて大和証券のセミナーページに掲載されているプロフィールを見てみよう。ただの高卒でラジオDJをやっていただけの人間が何を言っているのか。

shonkawakami7

…続きは配信元をお読みください。

 

…配信元を読む

経歴詐称疑惑で話題のショーンKこと自称「ニューヨーク出身の経営コンサルタント、ショーン・マクアードル川上氏」。すでに活動を自粛する旨も報道されており、さらに実はハーフではなく熊本育ちの純日本人なのではないかという疑惑まで浮上している。netgeekでは、英語のネイティブスピーカーに彼の英語を聞いてもらい検証した。

実際のところ、ショーンKの英語はネイティブスピーカーにどのように響くのだろうか。netgeekでは、複数のネイティブスピーカーに聞き込みを行い、彼の純日本人疑惑に対して調査を実施した。

ロンドン出身女性

「彼の発音には、すこし不自然な部分があるような気がする。例えば、“past”のように、後ろに“t”を伴う、“s”の発音なんだけど、アメリカ人の自然な発音ではなく、どちらかというと日本語の「し」の発音に似ている気がするわ。アメリカ人はそういう発音はしないんじゃないかしら。ニューヨーク育ちというのも疑わしいわね。」

現在、日本語を勉強中だと言うこの女性は、分かりやすく、日本語の「し」の発音と比較しながらショーンKの英語の不自然な点を解説してくれた。

ロンドン出身・男性

「たぶん英語のネイティブスピーカーだと思うよ。すごく流暢に話しているし、彼の英語に間違ったところはないよ。アメリカ人らしいアクセントだしね。もし、日本語なまりを感じる人がいたとしても、10代の早いうちに日本に渡っているのだとしたら、不自然なレベルではないよ。」

アメリカのボストン出身・女性

「さらっと聞いたところでは、特に不自然な点は感じないわね。ハッキリとはいえないけど、ネイティブスピーカーではないとまでは言えないんじゃないかしら。」

アイルランド出身女性

「英語に関しては、一つの間違いも見当たらないわ。なまりに関しては、アメリカ英語というにはすこし不自然かもしれないわね、彼もしかして日本で過ごした時間の方が長いんじゃない?」

この女性に疑惑について告げたところ、

「もし、若いうちに日本にわたったのだとしたら、不自然ではないレベルだと思うわ。すくなくとも、ネイティブスピーカーであることを疑われるような要素はないわね。本当に流暢な英語よ。もし、英語に関しても嘘をついているとしたら、彼、騙すのがとても上手ね、ふふふ。」

どうやら、多少の日本語なまりはあるものの「ネイティブスピーカーではない」とハッキリ断定できるレベルではないようだ。

sean_k_english4

少なくとも文法的にはまったく間違いがなく、ネイティブ並みに流暢な英語であるというのは間違いなさそうだ。ハーバードMBAなどの経歴詐称を本人が認めたことで英語についてもインチキなのではないかと疑ったが、スピーキングはかなり上手であることが分かった。これは意外でありつつ、貴重な一つの事実といえよう。

▼ショーンKが英語を話している動画はこちら。ご自身でも検証してみたいと言う方は是非ご視聴頂きたい。

 

…続きは配信元よりお読みください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。